しなやかな日々のお便り


by gitanjali
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アメリカ路面電車スキャンダル

中学の春、初めて広島の「電車」に乗った時、
大学の夏、初めて江ノ電に乗った時、
去年の秋、初めてアムステルダムのトラムに乗った時、
今年の冬、初めて函館市電に乗った時、
車と共存するのを好まない私は、路面電車のある街で育ちたかったと想った

そして最近知った「アメリカ路面電車スキャンダル」に怒り
 心のない企業ができることの恐ろしさに腹が立つ


<アメリカ路面電車スキャンダル>
ゼネラルモーターズ、ファイアストン、シェブロン、フィリップス石油などによって設立されたナショナル・シティ・ラインズ(NCL)社によって20世紀中ごろに米国中の路面電車網が買収され、廃止されてバスに置き換えられたという陰謀論である。この陰謀論では、NCL社にはアメリカの一般大衆に自動車を買わせようとする隠れた意図があったものとされている。

<Great American Streetcar Scandal>
The Great American streetcar scandal (also known as the General Motors streetcar conspiracy and the National City Lines conspiracy) is a conspiracy in which streetcar systems throughout the United States were dismantled and replaced with buses in the mid-20th century as a result of illegal actions by a number of prominent companies, acting through National City Lines (NCL), Pacific City Lines (on the West Coast, starting in 1938), and American City Lines (in large cities, starting in 1943). General Motors, Firestone Tire, Standard Oil of California, Phillips Petroleum, Mack, and Federal Engineering Corporation made investments in the City Lines companies in return for exclusive supply contracts.

(ウィキペディアより引用させていただきました)
[PR]
by gitanjali | 2009-03-16 00:00 | 【想】起こったこと、感じること