しなやかな日々のお便り


by gitanjali
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大阪の家

先週末、桜並木に沿って成城の住宅街を散歩していた
立派な大きな屋敷が肩を並べ、腰を降ろしている
その一軒一軒の主張が強すぎて、どうしてか心が落ち着かない
家は自慢するものではないと思うからかもしれない

昨年末に壊した家は祖父が戦後に大阪の福島に建てたものである。一階は真っ暗な倉庫で、外が薄暗くなってから帰ると、私の幼い心臓は必ず一瞬跳ぶ。おばけなんかは信じない、でも暗闇になにかが潜んでいるかもしれない。倉庫の奥には二階にあがる階段へのドアがあり、いつもそこまで走った。走るほどの距離ではないのだが、私はとにかく怖くて焦っていた。

二階にあがる階段は優しいものではなかった。上る人は前の段差に手をつけて登り、下る人は横になって一歩ずつ降りないと危ないほど、急な階段であった。階段のうえの低い壁には、昭和のお菓子についてきそうな変な色あせたシールが貼ってあり、何十年も踏まれてきた人間の足に対抗するかのように木の階段はぎしぎし鳴いた。祖父の重い体のぎしぎし、父親の注意深い足のぎしぎし、母親の慣れたスリッパのぎしぎし、または妹の軽い裸足のぎしぎしで、誰が上がってくるかがだいたい分かった。

(5歳の時に、階段がカーペットでできていて、おしりをすべらせながら降りられるボストンの家から帰ってきた私は、この遊び心のない階段を見て大人にならないといけない気持ちになった。)

我が家の住まいであった二階には五つの小さい部屋があった。テーブルがひとつおける程度のダイニング、六畳ほどのリビング、アルファベットの壁紙で飾られた子供部屋と、子供の私はほとんど足を入れることのなかった大人部屋(親の寝室)と嫁入りの木彫り洋服ダンスがいっぱい詰まっていた畳部屋。

階段を上がったところがダイニングで、そこには松ぼっくりがぶら下がっている小鳥小屋の時計があり、クックークックーって小鳥が毎時を知らせるために顔を出して歌った。リビングにはいつも夕食後にABCNewsを見ていた黒いテレビがあり、両親の小物が入っている棚のガラスには私が幼稚園の時に書いた大きな橙色のカボチャの絵が飾ってあった。

子供部屋にある二段ベッドの上が私で、下が妹。白い天井に向かってお城に登っていく気持ちが毎晩嬉しかった。そして時々、妹が寝ている下の段にシーツのカーテンをかけて、妹とこそこそおしゃべりして、遊ぶのが好きだった。

私は小学校4年生まで、大阪の都心にある、このこじんまりした家に住んでいた。その頃の身長は140cmぐらいだったのかな。今の167cmになって、もう無きこの大阪の家に帰るたびに、私は声には出せず心の中で、なんと狭いところに住んでいたのだろうと何度も思うことになる。

家に入るときに通りかかる人は、こんなところに人が住んでいるのかぁと困ったような顔で灰色の外壁を眺めながら、入口を開けた時に見える暗い倉庫を不思議そうに見て見ないふりをして歩いた。私は中の倉庫が見えないように、というよりかは自分の顔が見えないように、さっさと中に入って鍵を閉めた。

人の目に触れると、確かに恥ずかしかった。でも私にとってこの大阪の家は、一生懸命に働いてきた祖父と、教育にお金はかけるけど贅沢のしない我が家の象徴であった。

* * *
“It is only with the heart that one can see rightly; what is essential is invisible to the eye.”
-Antoine de Saint-Exupery

GEORGE WINSTON / Longing Love
http://www.youtube.com/watch?v=-s9NeFSHecE
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-31 00:00 | 【昔】小さい頃からの想い出

儚い

人の夢と書いて、なぜ儚いのかしら
儚さを象徴すると言われている桜
幼い頃から桜は綺麗だとは思ったが、好きになれなかった

でもいつ頃からかしら
雪の日に静かに息をする枝ばかりの桜
春風にいたずらされながら、つぼみを一生懸命ふくらませる桜
五月日和の木漏れ日と遊ぶ桜
その命はけっして儚いものではない

そのひと時まで、そのひと時からの大きな物語
ひとの夢はけっして儚いものではない

* * *
“Look! Look! Look deep into nature and you will understand everything.”
-Albert Einstein

KENNY G / Moment
http://www.youtube.com/watch?v=vx6xsCNS3nI
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-30 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
絵本に出てきそうな、ほわほわのパンケーキ ^^

三軒茶屋から少し迷いながら細い道をふらふらしていると、赤いかわいい屋根を発見!

私はまだお子ちゃまな舌で、わさびが少し苦手なんだけど、
今日はブランチなのでわさびマヨネーズのかかっている
「豆腐とサーモン&アボカドの和風カプレーゼ」にしました☆

今度は「クラシック・バターミルク・パンケーキ」を食べてみたいなぁ~

* * *
Voi Voi
http://www.pancakemama.com/
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-29 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

求道会館

夕暮れに染まる本郷通りから、細い真っ暗な道

日本の伝統を愛する外国人なら一目で惚れる本郷の旅館の中を覗こうとしていると
賛美歌が流れてくるような光に誘われ、ふっと息と足をとめてしまう

近角常観氏(琵琶湖のほとりにある寺から上京した浄土真宗の僧侶)が説法の場として、
武田五一氏(掘り炬燵(こたつ)の原型を考案された建築家)に建築をお願いした求道会館

仏様、神様、お天道様、心はひとつ

* * *
求道会館
  http://www.kyudo-kaikan.org/
  http://www.arch-hiroshima.net/a-map/tokyo/kyudo.html

本郷の旅館 鳳明館
  http://www.homeikan.com/
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-27 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

英語に慣れたい皆様へ

彼の声だと必ず分かる  テレビから聞こえてくる声はいつもPeter Jennings
幼い頃から、父親が毎日録画していたABC Newsを、家族で夕食後に見るのが習慣だった
2005年の夏、Peterが肺がんで亡くなった時、会ったこともないこの人のために泣く私
ソ連の崩壊、コソボの紛争、アフリカの貧困・・・全てPeterの声が伝えてくれた

英語の勉強、質の良いものに毎日触れることが大切
インターネットのトップページを英字紙(私はInternational Herald Tribune)にする
海外ニュースのビデオやドキュメンタリーを毎日見る
そして、声に出してニュースを繰り返したり、ニュースを読んだりしましょう

ABC World News Tonight(今はCharles Gibsonがアンカー)
http://abcnews.go.com/Video/playerIndex

BBC News
http://news.bbc.co.uk/2/hi/video_and_audio/default.stm

PBS Frontline
   社会起業家特集  クメール伝統織物研究所の森本喜久男氏、Room to ReadのJohn Wood氏、PlayPumpのTrevor Field氏など素晴らしい方々が紹介されています
http://www.pbs.org/frontlineworld/stories/socialentrepreneurs.html
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-25 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
素晴らしい!White Houseに家庭(国庭?)菜園ができます!
オバマ夫人は55種類の野菜や果物を植える予定であるこの菜園で育った野菜を調理してFirst FamilyやFormal Dinnerの食事を用意されるとのこと
不況で種の売上が伸びている米国では、家庭菜園がブームになりそうですね

Michelle Obama’s “First” Garden
http://www.whitehouse.gov/blog/09/03/20/Spring-Gardening/

農業といえば、昨年9月のトロント映画祭で上映されたFood Incを早く日本でも上映して欲しいですね
Our Daily Breadのような感じなのかな

Food Inc
http://www.youtube.com/watch?v=QqQVll-MP3I

Our Daily Bread  いのちの食べ方
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-24 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

男性社員と育児休暇

育児休暇取得中の男性社員がいる弊社がテレビで紹介されました~☆

■「2030年からの伝言 第五章 少子化脱却」 2009年3月19日 
(TVTokyo ワールドビジネスサテライト)
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/2009/03/o1-88.html
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-23 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
定額給付基金事務局(NPO法人チャリティ・プラットフォーム)
http://www.charity-platform.com/kikin/

■2009年3月18日 日経BP『日経ビジネスオンライン』
「シリーズ 変なニッポン 3 ゴリ押し定額給付金、使い道も政府の言いなりですか?」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090317/189230/

■2009年3月19日5時45分~6時40分 テレビ東京 「モーニング・サテライト」 
http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/2009/03/post-1075.html
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-22 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
箕面のお家にある南側の大きな窓、天気の良い冬の日には梅田の空中庭園まで見える
白いカーテンを泳がせる太陽のぬくもりがカーペットをあたため
チョッキを着た祖父がいびきをかきながら寝ている

お正月早々、祖父はいつも満州のお話、戦争のお話
新しい年を平和に迎える幸せ、日向ぼっこしながら昼寝する幸せ
祖父の苦労があったからこそ、今日の私がいる

そんな祖父の「歴史」を私は記録したいと思う

米国では2003年から、New York CityのGrand Central Terminalに StoryBoothが設置され、「いつかは歴史となる今」を庶民のオーラルヒソトリーとして記録している。
日本でも 昭和の記憶 という団体が聴き書き活動を積極的に行っているので、私も協力をしたいと思っている。

Story Corps
  http://www.storycorps.net/

昭和の記憶
  http://home.memory-of-showa.jp/

駅の記憶
  http://blog.ekitan.com/kioku/
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-21 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

Wish Upon a Hero

to make yourself happy, and to make others happy

it is always beautiful to see one care for another
it tickles a joy that you want to share with the world
love in the eyes of a seed, can change the world when it flowers

* * *
Wish Upon a Hero
http://www.wishuponahero.com/

When you wish upon a star, makes no difference who you are
Anything your heart desires will come to you ~♪♪

It's a world of laughter A world of tears
It's a world of hopes And a world of fears
There's so much that we share That it's time we're aware
It's a small world after all ~♪♪
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-19 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

東京の都電たち

今朝、大学時代の先生が「都電たち」の写真を送ってくれました

我が会長に見せたら「つい最近までこういうの走っていたんだよ」だって、笑
私も都電たちのいる時代に育ちたかった

(大学の先生が高校生時代に撮った写真です。先生、ありがとうございます)

<渋谷駅前> 静かで落ち着いている澁谷、素敵ですね
c0168566_16492969.jpg


<道玄坂上の玉電> 玉電で渋谷から二子玉川園まで40分、ちょっとした「旅」ですね
c0168566_16495081.jpg


<都電路線図 昭和42年秋> フォントが如何にも昭和ですね
c0168566_1650410.jpg

[PR]
# by gitanjali | 2009-03-17 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
中学の春、初めて広島の「電車」に乗った時、
大学の夏、初めて江ノ電に乗った時、
去年の秋、初めてアムステルダムのトラムに乗った時、
今年の冬、初めて函館市電に乗った時、
車と共存するのを好まない私は、路面電車のある街で育ちたかったと想った

そして最近知った「アメリカ路面電車スキャンダル」に怒り
 心のない企業ができることの恐ろしさに腹が立つ


<アメリカ路面電車スキャンダル>
ゼネラルモーターズ、ファイアストン、シェブロン、フィリップス石油などによって設立されたナショナル・シティ・ラインズ(NCL)社によって20世紀中ごろに米国中の路面電車網が買収され、廃止されてバスに置き換えられたという陰謀論である。この陰謀論では、NCL社にはアメリカの一般大衆に自動車を買わせようとする隠れた意図があったものとされている。

<Great American Streetcar Scandal>
The Great American streetcar scandal (also known as the General Motors streetcar conspiracy and the National City Lines conspiracy) is a conspiracy in which streetcar systems throughout the United States were dismantled and replaced with buses in the mid-20th century as a result of illegal actions by a number of prominent companies, acting through National City Lines (NCL), Pacific City Lines (on the West Coast, starting in 1938), and American City Lines (in large cities, starting in 1943). General Motors, Firestone Tire, Standard Oil of California, Phillips Petroleum, Mack, and Federal Engineering Corporation made investments in the City Lines companies in return for exclusive supply contracts.

(ウィキペディアより引用させていただきました)
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-16 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

JICA海外移住資料館

桜木町にあるJICA海外移住資料館に行ってきました
http://www.jomm.jp/

① 日本の旧植民地に移住した人々の資料も展示して欲しい

 米国において黄禍論(Yellow Peril)が強まり、日本人移民が排日移民法(Oriental Exclusion Act, 1924)によって米国への門を閉ざされてから、日本政府(戦前の拓務省、JICAはこの組織から発展)は南米ブラジルや、台湾・朝鮮・満州・南太平洋などの植民地に日本人を移住させていた。

 私の祖父も小学校を卒業してから、満州に働きに行っていた。
 戦後になると、植民地から日本人移民は退去したが、海外移住していた時期があったという事実を海外移住資料館でも展示して欲しいと思った。


② 「支那」は差別用語でないことを再確認

 海外移住資料館で展示されていた、米国に移住した日本人移民が経営するお店のチラシに「支那料理」と書いてあった。

 (Wikipedia の情報を自分が理解できるように英語名称とともに整理すると・・・)
日本では、明治政府が清朝と国交を結んでからは、国号を「清国」(Qing Dyansty, 1644-1912)、その国民を「清国人」と呼称した。辛亥革命(Xinhai Revolution, 1911) によって成立した共和国が「中華民国」を国号として採用した時、日本政府は「『中華』には自尊自大の気がある」として共和国を「支那共和国」と称することを定めた。しかし、汪精衛政権(Nanking Government, 1927~1949)への配慮から「支那共和国」にかえて「中華民国」を用いるようになったのである。

嫌中派が「中国」を嫌い「支那」を使うことにより、「支那」が差別語とみなされたり、「支那」、「支那人」という言葉がほとんど死語となったりしているのは残念だと思う。
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-15 00:00 | 【想】起こったこと、感じること
I came accross two headlines today, that make me question once again whether my country's leaders really understand what they are doing.

Japanese finance minister backs U.S. call for more stimulus
http://www.iht.com/articles/2009/03/13/business/13yen.php

France and Germany resist calls for more aid
http://www.iht.com/articles/2009/03/12/europe/summit.php

Japan too must be more keen to prevent the budget deficit from expanding.... and yet here we go again with another "no detail" and probably "no impact" economic stimulus plan...
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-13 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

たべものがたり

上田壮一さんとかが、「いきものがたり」、「みずものがたり」に続いて「たべものがたり」を出版しました~

c0168566_13264426.jpg

http://thinktheearth-shop.com/SHOP/0075.html

メディアが農業をブームにしようとしている最近、
ブームだけでは終わらないことを願っている

美味しいお野菜を食べること  ←本当に大事!

季節の元気なお野菜を食べていると、
体と頭はテキパキするし、心も優しく明るくなる ^^

お天道様に「宜しくお願いします!」とお祈りをして、
こないだ買ったお野菜たちの種をそろそろ植えないとね
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-12 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

直島☆

ゆかちゃん(my sister)と大学時代の親友と直島に行ってきました~☆

初めは穏やかやったのに、フェリーが走るとはしゃぎ出す瀬戸内海の風
お陰様で、直島についた私の髪の毛はぐしゃぐしゃ、足はふらふら
すっきりして嬉しかった~
朝、顔を洗った時に見た自分を、波の中に少し捨ててきた気がした

でも捨てきれなかった自分と一緒にJames Turrellの作品と向き合ってみた

「Back Side of the Moon」
光によって表情を変えたくなる
でも自分が綺麗だと思う「光」、それを大切にしようね

「Open Sky」
箱を与えられるとだれも工夫したくなる
でも箱がなくても創造できる自分を育てようね

瀬戸内海の向こうに透ける山々に相談しても、答えは私の中



c0168566_1465157.jpg
c0168566_147581.jpg

[PR]
# by gitanjali | 2009-03-09 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

漱石 (自由が丘)

大先輩と自由が丘ディナー☆

私は自由が丘にもう4年目なのに、美味しいところをまだまだ開拓できていない・・・笑

豆乳鍋を食べて・・・今まで頂いたものの中で一番美味しかった!

優しく丁寧に育てられたであろう豚肉に感謝して、お鍋の中でほろほろになった、真白なおぼろ豆腐と一緒に美味しく頂戴しました

お店のおじさん、暖かいご指導有難うございます
[PR]
# by gitanjali | 2009-03-03 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

Au Temps Jadis♪ (渋谷)

とっても幸せでした♪

ずっと行きたかった渋谷のガレット屋さんにやっと足を運ぶことになりました~
・シードル
・ホウレンソウ&チーズのガレット
・ハチミツ&ジンジャーのクレープ
・アップルティー

心がほっとする美味しさでした☆

ゆったりとしたある週末の朝
大切な人がつくってくれたサラダ・ガレットの想い出
美味しいものって忘れることはないのね

* * *
Au Temps Jadis
http://www.many.co.jp/jadis/
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-28 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

Howl's Moving Castle

なんと不思議! 何か自分についてまだ知らない部分があると思わせるこの映画

それは良いことかもしれないけど、悪いことかもしれない
でも、正直に向き合わないといけないものなのでしょう

また観たいと思う、どうして分からないけど、笑
ありがとう
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-24 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

子どもの成長

大学時代の友達夫婦とお子様達(3歳と0.5歳)と韓国ランチ☆

日々成長していく子供たちのエネルギーに負けない父親と母親の力、本当に尊敬します!

焼き肉を食べながら、なんでおにくがちいさくなるの?
オレンジジュースを飲みながら、これ(コースター)なに?

私もどうしてだろうと聞きたかったけど、なんとか答えてみる、笑
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-22 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

Winter Hakone☆

温泉にぎりぎりの時間で駆け込みながら、露天風呂で一人で優雅に歌ってみた♪

Don't lose your way, With each passing day
You've come so far, Don't throw it away
Live believing, Dreams are for weaving
Wonders are waiting to start
Live your story Faith, hope & glory
Hold to the truth in your heart

If we hold on together, I know our dreams will never die
Dreams see us through to forever
Where clouds roll by For you and I

-"If We Hold On Together" Diana Ross

箱根の朝日  真青な空にそびえる、真白の富士山を見ながら、日本人であることに感謝した

箱根の夕日  夕暮れの色に染まる富士山には神様がいたと思う 本当に美しかった


* * *
箱根 山のホテル
http://www.odakyu-hotel.co.jp/yama-hotel/
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-21 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

Winter Hokkaido☆

いつまでも、海岸線を走る北海道の列車から大自然を眺めている

果てしなく広がる海の窓に私の姿が映る

"Beautiful young people are accidents of nature,
 But beautiful old people are works of art"
-Eleanor Roosevelt

それは一人で創るものではないかもしれない
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-15 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

MammaMia♪

お母さん、デュエット♪ いつか歌おうね~

I have a dream, A song to sing
To help me cope, With anything
If you see the wonder, Of a fairy tale
You can take the future, Even if you fail
I believe in angels
Something good in everything I see
I believe in angels
When I know the time is right for me
I'll cross the stream
I have a dream
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-11 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

日光の滝

滝が大好き! では冬の日光へ!

「華厳の滝」を初めて目にして心を流れたのは 
Pocahontas "Colors of the Wind"♪

You think you own whatever land you land on
The Earth is just a dead thing you can claim
But I know every rock and tree and creature
Has a life, has a spirit, has a name

You think the only people who are people
Are the people who look and think like you
But if you walk the footsteps of a stranger
You'll learn things you never knew you never knew...

You can own the Earth and still
All you'll own is Earth until
You can paint with all the colors of the wind

戦場ヶ原の雪と霧を通り抜け、奥日光の真白な雪を靴で鳴らしながら辿り着いたのは「湯滝」。その源泉は湯元温泉と聞いているので、温かいかな?と柵を越えて流れに手をかざし、指を浸けると、氷った湯ノ湖からの吹雪に負けない冷たさ!笑 

最後に「竜頭の滝」と中禅寺湖のランドスケープに癒されながら、永遠に波をたたせる滝と、嵐で表情を変える湖、私はどちらに似ているのかなと考えてみた
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-08 00:01 | 【旅】いつもと違う一日

お初釜

横浜、三渓園

この日本庭園の風には、昔の横浜、港町の横浜、外国人との貿易が栄える横浜が時代を遡って流れてくる気がする

紅白に凛々しく咲く梅、お天道様に向かって微笑む黄色い早咲水仙

この早春の贈り物に私と同じく喜び、和装姿でブーツを履いた若い女の子を連れて、海の向こうを眺め、口ひげをなでる男の人がいたのではないか

そんな彼女、彼氏と過ごすお初釜では、きっと汽船の笛が鳴らす新しい冒険の始まりに胸が躍るであろう

* * *
横浜 三渓園
http://www.sankeien.or.jp/
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-07 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

インドというと

実は学生のころ、日本インド学生会議で一ヵ月、デリーとコルカタに滞在していた。

デリーでは、UNESCOのICTセンターでイスラム系スラム街で女性にコンピューター教育を行っている施設や裕福な子供たちが5年生からHTMLプログラミングを勉強するBlue Bell Schoolを訪問し、コルカタでは、国際政治などを専攻している学生とサステナビリティ課題に関して議論した。

そんな会議に一緒に行った友達と久しぶりに再会し、インドはあの2004年の夏からどの様に変化したのか気になった。

特に4月、5月に開催される予定の国民選挙はどうなるのか。
投票できる人口の1/4が30歳以下という国において、このご時世は選挙をどの様に影響するのだろうか。

遠くの星を眺めながら、遠くの国を考えながら、夜を歩いた
[PR]
# by gitanjali | 2009-02-06 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

wedding bells

雲の上は青空♪

友達が約束してくれていたとおりだった
羽田に向かう途中に空を包んでいた灰色の雲が隠れると、
素晴らしくお天道様が輝いていた☆

そんな晴れた気持ちで、まだまだ寒い朝の時間に家族そろって住吉大社に向かった

だって今日は従兄の結婚式!
従姉妹が晴れ着姿で勢揃い!

賽銭箱が鳴る中で挙げられた式は金運を呼んでいる様であった ^^
親戚みんなで笑いながら二人の幸せを心から願いました

この様に新しい絆を結ぶのね、末永の幸せ、祈っています

c0168566_1475886.jpg

[PR]
# by gitanjali | 2009-02-01 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

petit reunion

Just like we imagined when we were having ice cream after school in our highschool courtyard.

We would some day be working, we sould some day be mothers, but our friendship will simply "be the same".

There was no need to go into the details of life's problems, though there must have been many tears and rough rides since the last day we met.

We were happy, just to be together.
And to know that we will always be there for each other.

c0168566_938546.jpg

[PR]
# by gitanjali | 2009-01-31 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

大好きな居酒屋

25歳になりました☆
居酒屋を大好きと言える歳になったんだ~笑

バースデーディナーは桜新町のひろの亭♪

毎度びっくりするほど美味しい料理を演出してくれる
ひろさんとやすさんには頭を下げて、心から有難うと感謝します
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-30 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

自然からの学び

今日は会社でmovie night♪

ディカプリオさんがガイドしてくれる環境ドキュメンタリー「11th Hour」を観ました
http://wip.warnerbros.com/11thhour/mainsite/site.html

1997年にBiomimicry: Innovation Inspired by Natureという本で、
自然のデザインとアーキテクチャーから学ぶ大切さを教えてくれたJanine Benyusさんもインタビューされていました

一昨年前に彼女が来日された時、彼女の笑顔の優しさ、目の誠実さ、声の柔らかさにとても惹かれました

"Beautiful young people are accidents of nature, but beautiful old people are works of art"というEleanor Rooseveltさんの言葉を想い出させてくれる人でした

お天道様、今週で二十五の歳月を重ねることになる私をあたたかく迎えてくださいね、これからも宜しくお願い致します
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-27 00:00 | 【想】起こったこと、感じること