しなやかな日々のお便り


by gitanjali
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

冒険すること

今年から通っている陶芸教室の先生は冒険好き
その遊び心に、私は何度も救われてきた

先生がいると失敗の言い訳をする時間も、
失敗でへこんでいる時間もない

とにかく失敗こそ冒険の始まりであり、
次の瞬間から新しい作品のストーリーが生まれる

京都で電動ろくろを使って湯呑をつくったり、
大阪で手ねじりの楽茶碗をつくった時とは
次元の違う学びと喜びである
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-25 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

3歳から手料理!

相澤菜穂子さんのキッズ・キッチン、とっても勉強になりました~☆

小さな子どもたちは、ほうれん草をゆでてお浸しをつくり、
餅とネギを薄揚げに入れて餅巾着をつくり・・・
(ここまでは想像範囲内ね ^^)
そして秋刀魚を一匹、ひとりづつ鱗をとり、頭を切り、内臓を除いて、煮ました!

血はいやだ、いやだ、いやだ~!と叫ぶ女の子、
お醤油を見て、これってお魚の血なの?と聞く男の子、
みんな最後は満足そうに、美味しい手料理を親子で食べていたわ

私も次の世代の子供達に日本の伝統料理とか伝統野菜の魅力を伝えていきたい
子供も料理も好きやから、という単純な理由やけど、いいの
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-25 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

原体験、一人称、原則

最近お会いした、世の中にとって貴重な方々:
・Microfinance International CorporationのAtsumasa Tochisakoさん
・資源・環境ジャーナリストの谷口正次さん

お二人とも、
・原体験をお持ちになり、一人称でお話される
・自然の原則に基づいた、ご自身の原則をお持ちになっている

土の中でしっかりと専門性を磨き、栄養を蓄え、葉を一枚づつ丁寧に成長させないと、花は咲きませんわ

最近、やっと美しいお花を咲かせてくれた大好きな水仙を、私は見習わないとね
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-21 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

A Flowering Seed

殻の中にこもり、頑張らない宣言を出してしまっていた私を、
新年はあたたかく迎えてくれているね

サプライズでいっぱいの優しい温もりに甘えないよう、
私は背筋を伸ばして、初心を忘れないようにするね

いつも一緒とは限らない、いつも仲良くとは限らない

信じることを怖がらず、太陽が昇ってくる喜びを忘れず

木漏れ日に向かって涙をこぼす

Some say love it is a river
That drowns the tender reed
Some say love it is a razor
That leaves your soul to bleed
Some say love it is a hunger
And endless aching need
I say love it is a flower
And you its only seed

It's the heart afraid of breakin'
That never learns to dance
It's the dream afraid of wakin'
That never takes the chance
It's the one who won't be taken
Who cannot seem to give
And the soul afraid of dyin'
That never learns to live

When the night has been too lonely
And the road has been too long
And you think that love is only
For the lucky and the strong
Just remember in the winter
Far beneath the bitter snows
Lies the seed that with the sun's love
In the spring becomes the rose

(詞・曲 Amanda McBroom 歌 Bette Midler)
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-13 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

奥多摩の冬

去年の秋、奥多摩ドライブ中に千と千尋の世界から出てきたような石灰石工場に神経が痛んだ。
古い灰色の画像紙から切り抜いた絵を山に貼り付けたように、違和感のある存在であった。

そんな風景を秩父でも見てしまった。今回はセメント工場。
傷ついている山の斜線はとても痛々しかった。この工場ができたことはこの町にとって良かったのかしら?

自然は全ての物質は循環する
自然は自分で処理出来ない物は作らない
自然は壊れても自分で修復する
自然は一人だけでは存在し続けられない

38億年の検証を経ている自然に人間はいったい何をしているんだ・・・
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-12 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

Galette de Rois

やった~♪

自由が丘のお菓子屋さん「パリ・セヴェイユ」のGalette des Rois

私のプレートにリース型ケーキのフェーヴが入っていた☆

Galette des Roisについて
http://www.galettedesrois.org/

パリ・セヴェイユ
http://www.unimat-caravan.com/cr/paris/
[PR]
# by gitanjali | 2009-01-10 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの
“Really Achieving your Childhood Dreams” is an inspiring lecture by Randy Pausch.
He was a Carnegie Mellon computer science professor, who passed away this July at the age of 47 after fighting pancreatic cancer.

His “Last Lecture” is a humor filled synopsis of moments in his life that led him to realize his childhood dreams. It is a toast to his moments of epiphany, hardship, learning, and thanks which he wanted to share with friends, students, and family before he passed away.

What impressed me most were these following words which guided him to become a professor:

“Go get a Ph.D. Become a professor. And I said, why? And he said, because you’re such a good salesman that any company that gets you is going to use you as a salesman. And you might as well be selling something worthwhile like education.”
http://download.srv.cs.cmu.edu/~pausch/Randy/pauschlastlecturetranscript.pdf

And I wish I too could someday say that helping others achieve their own dreams was even more fulfilling than achieving my own dream.

Many thanks, Professor Randy Pausch, may you be continuing to fulfill your dreams in heaven.
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-17 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

So Few of Me (by Peter Reynolds)

9月の出張に向けてロンドンとオランダと国際電話の
やりとりをしていたら遅くなってしまいました

お仕事で忙しくなると読みたくなる絵本:So Few of Me

私の大好きなPeter Reynoldsの絵本は大人に贈る言葉がいっぱいで
いろんな友達にプレゼントしたくなります

この本のメッセージは: Stop and take some “time to dream”

***
Peter Reynolds
http://www.peterhreynolds.com/
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-14 00:00 | 【本】読み終わって思ったこと
昨日は友達が手料理のディナーをご馳走してくれました♪
お料理をしながらお野菜とお鍋とお話しする彼女、大好きです

メニューは夏野菜の素直な味を生かしたRatatouilleと
焼き立てほわほわのくるみブレッド

そして、セリカちゃんで映画を観に行ってから
Zucchini Cakeと香豊かなアイスティー

ぐっすりと眠って

朝ごはんはふわふわパンケーキと優しい豆味が漂うタイコーヒー

「一日ニ玄米四合ト、味噌ト少シノ野菜ヲタベ」
といった宮澤賢治も立派だと思うけど
私は本当にとっても幸せものでした
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-13 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

Elder (恵比寿)

今日はハーブ好きな私が一口で惚れたレストランで友人とランチ

「チリとチリリ」(どいかやさん作)というかわいい絵本にでてくる様な
森の中のお料理やドリンクが頂ける、コッテージ風のお店です

夏の暑さを忘れ、ゆっくりと穏やかな一時を過ごせました
有難うございます

<Elder lunch> 1,000yen
ハーブティーのウェルカムドリンク、夏野菜の冷たいスープ
野菜たっぷりのランチプレート、一口デザートのプリン

***
Elder

[PR]
# by gitanjali | 2008-08-13 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの
この季節、毎日アイスを食べたくて
delonghiのアイスクリームメーカーに魅了されています
ジンジャーアイス、ミントアイス、作りたいのよね

神谷町にはとても美味しいホームメード・アイスクリーム屋さんがあります
午後の仕事を一頑張りしようと思う時、今日はちょっと自分にご褒美をと思う時
フレッシュバナナ、小豆、抹茶、杏仁、ピスタチオ、きなこなど
いつも何があるかな~と、ちょっとわくわくしながらいきます
今日はほうじ茶を美味しく頂戴いたしました、有難うございます

***
Ice cream shop SOWA
http://www9.ocn.ne.jp/~sowa/index.html
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-12 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

davis too (西新橋)

今日はひとりdavis
ちょっと嬉しい時、ちょっとリフレッシュしたい時、ちょっとスペシャルな時
どんな時にでも行きたいdavis

一週間に一度は体の喜ぶ美味しいランチを頂いています
今日も美味しく頂戴いたしました、ご馳走様でした

<davis lunch> 1,050 yen
新鮮な野菜たっぷりのサラダ
(今日のドレッシングは赤ワインとはちみつ煮、素晴らしかったです)
焼き立てのフォカチャ
週替わりのほっとするベジテリアンディッシュorパスタ
(今日はじゃがいものニョッキにとうもろこしソース、とてもかわいくて優しい味でした)
紅茶orコーヒーorグラスワイン
 (今日は香豊かなEarl Greyアイスティー)

***
Davis too
Address: 〒105-0003 東京都 港区西新橋3-13-4
TEL: 03-3443-4321
Closed: 土、日、祝日
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-11 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

茨城の滝・軍鶏・温泉

先週の八ヶ岳に引き続き、また遠出しました
今回は茨城の大子町

2年ほど前から行きたいと思っていた日本三大名瀑のひとつ、袋田の滝
水流がゆっくりな季節でしたが、天気が涼しくて森林の木漏れ日に癒されました
帰り道にミルク小豆かき氷を食べてほっと一息
大好きな紅葉の盆栽に惚れてしまって、盆栽デビューしてしまいました

そして、お昼の食事は、「弥満喜」の奥久慈軍鶏(おくくじしゃも)すき鍋
私の好物に初めて仲間入りした肉は、昨年ひろの亭で頂いた比内鶏
とろとろの特選たれで野菜や豆腐と優しく煮た奥久慈軍鶏は
比内鶏のように身が締まって、歯ごたえがありました
素晴らしい肉に今年も出会えたことに感謝です
美味しく頂戴いたしました、神様有難うございます

お昼の後は、森林の温泉(もりのいでゆ)
蝉が鳴くそよ風の中、素っ裸になって大自然にこんにちは
気づいたら、呼吸が深まり、久しぶりの笑顔
化粧水用のゆず種と今年初めての坊やかぼちゃを頂きました

車の中では大学生時代の友人との会話がやむことなく
またいつか会える日には今日と同じように
色々と教わったり、共感したり、笑ったりできたらいいな

今夜ごゆっくりお休みなさってくださいね

***
袋田の滝
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/k_s_info/spot/shizen/fukuroda/index.html
奥久慈軍鶏(おくくじしゃも)
http://www.town.daigo.ibaraki.jp/k_s_info/spot/busan_mikaku/syamo/index.html
森林の温泉(もりのいでゆ)
http://www.daigo-forest.net/morinoideyu/index.html
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-10 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

la cucina felice (表参道)

今日は9月生ガールズと表参道のBrown Rice Caféでランチ♪

でも、その前にla cucina feliceでゆっくりと一時を過ごしました
自分のキッチンで作りたい新しい一品を想像しながら
時を忘れていつまでも料理器具を眺めてしまうお店です

今日はここで、ぶた好きな友達のためにアップルウッドのぶたまな板と
オリーブが大好きな自分のためにオリーブウッドのスプーンをプレゼントすることにしました

そして、お肉や野菜を蒸し煮するモロッコのタジン鍋にまたお目にかかりました
素敵な赤いタジン鍋に心が惹かれましたが
松田美智子さんがla cucina feliceで料理レッスンをすると伺い、早速お申し込み
友達を誘って行きます~とても楽しみにしています!

***
La Cucina Felice
http://www.lacucinafelice.com/

Brown Rice Café
http://www.brown.co.jp/
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-09 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

夜へのお願い

Cafe6でアイスザイゴンラテを飲みながら

Night, treasure our moments
Give me a kiss, to fill my fountains

Wind, tell me you care
Whisper a song, to calm my storms

Stars, take me with you
Lead me gently, to cross my rivers

Dreams, try to be kind
Tell me a story, to brighten my shores

Then with the morning dews I will awake
To the music of times to come
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-08 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

ベランダの草木たち

私と住んでいる草木たちをご紹介いたします

立派な木になって欲しい: オリーブ、山椒

身近にいつもいて欲しい: ローズマリー、ミント(ペパーミント、スペアミント、ブラックミント、グレープフルーツミント)、ラベンダー、レモンバーム、レイタータイム、バジル、パセリ、三つ葉

緑のカーテンになって欲しい: アイヴィー、シュガーバイン

お花が綺麗な: クリスマスローズ、ミニイエローローズ、アメリカンブルー、マーガレット、ハイビスカス、朝顔

いつも元気な: スパディフィラム、パイナップル、笹3種類、おじぎ草、ウォーターバコバ、お名前のないふたり

プレゼントで頂いた: 水竹、パキラ、クランベリー

お野菜たち: トマト、ナス、パプリカ(赤・オレンジ・黄)、ゴーヤ

いつの間にか大家族になっていますね
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-07 00:00 | 【美】美味しいもの、緑のもの

タイ式マッサージ

最近、友達にタイ式マッサージを学んでいます
WatPo(タイのGrand Palace)の中にはマッサージ・スクールがあり、
彼は昨年末そこに一か月間通っていました

今日は3回目のレッスン:背中と腰
お祈りして、呼吸を整えて、丹田に重心を預けて、
親指と手のひらでゆっくりとほぐしていきます

***
湘南の夜
優しく手をあててもらうと涙がとまらなかった
信じて欲しかった、許して欲しかった

いろんな感情に流されていて、自分の初心に戻りたかった
心と体がついて行けてなくて、自分のリズムを戻したかった

Sincerely I believe your existence
Thank you
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-06 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

由希子&由花子

私たちはいつの間にかLittle Women

We played in the tub together, and mom took a picture
We got hurt together, and we kept it a secret
We hid in our rooms, and made Christmas presents
We yelled at each other, and knew we made a mistake

We sang on the bike, we danced in the rain
And we helped each other to take one more step

We held hands, we wept silently
And we leaned on each other to make the best…

To make the best of family & friends, love & dreams,
You and I
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-05 00:00 | 【想】起こったこと、感じること

八ヶ岳の野菜たちと働く

朝5時
人生始めて犬を散歩
それも大きくて強い犬、楽しく走りまくりました

午前中は夏野菜で一番大好きなトマト、そろそろ終わりの人参、ちょうど旬のピーマンを収穫
休憩中には今年初めて頂くスイカ、体が喜ぶとても優しい味でした

ランチは少し戸惑いながら5人分を手料理
冷やしうどん(1kgも茹でました)に冷やしトマトと中華風きゅうり・ちくわとしめじの煮たん・人参の炒めたんをトッピング
3歳のゆうくんまでぺろりと食べてくれて嬉しかった

午後は長ネギの周りを雑草抜きして肥料をやり
小雨の中、かわいい小さなキャベツとブロッコリの苗を植えました

夜はなんと雷で停電になり、なんとか5人分の料理を暗闇の中で調理
ナスの炒め物とトマトスープ、美味しかったです

心と体が自然に流される一日でした

***
一緒に畑に行っていた3歳のゆうくん
彼の瞳は八ヶ岳の野菜たちと同じことをささやく

へとへとになって家に帰ってきたら、友達からの素敵なメールがそれを言葉にしてくれていました

しっかり感じたらいいよ
きっとそれが自分の糧になるときが来るよ
やまない雨はないよ

本当にありがとう
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-04 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

八ヶ岳の野菜たちの素顔

八ヶ岳までの一人旅、久しぶりに緊張しました

有機野菜を育てている徳永さんの「有難うございます」
とても優しく、心にしっくりと落ち着く響き
改めてこの言葉の素敵さを新鮮に思う、今日この頃

着いて早速、心を読んでくれたかのように、野菜たちの素顔に会わせてくれました
八ヶ岳の太陽を浴びながら、生のトウモロコシ(とても立派なひと粒ひと粒)とオクラ(表面の雫が輝いていました)を頂戴し、心身ともに感動

お昼寝してから、今までとは違う八ヶ岳と清里をドライブ
アメリカンブルーの花がかわいくて、一鉢購入

ディナーは八ヶ岳の風が流れる中、キッチンにあるもので二人分を手料理
鮭と夏野菜の蒸し煮、冷たいだしトマト、ナス炒めとシャキシャキオクラ、ズッキーニの素揚げ
手料理を喜んでもらえるのは本当に嬉しい

八ヶ岳の夜空に向かってシャワーを浴びて
おやすみなさい
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-03 00:00 | 【旅】いつもと違う一日

パパのサンドイッチ

父はほとんど料理をしない
母が家にいないときはパンをトーストして、ツナ缶とチーズと一緒に食べる人である

でも不思議なことに、幼い私と妹の美味しい想い出は多分ただひとつ
それは、父がボストンで作ってくれたサンドイッチ
どんな野菜が入っていたのか、どんなパンをつかっていたのか
いつ、何処で食べたのかは全く覚えていないけど
「パパの作ってくれたサンドイッチが美味しかった」
それだけを今でも体が覚えている

大切な人がつくってくれる手料理
愛する人のためにつくる手料理
世界一の宝物だと思っている

Love and Cook with Reckless Abandon

***
今日は自由が丘で山椒のすりこぎを購入
私のベランダにいる山椒の苗はとてもスリム
でも、このするこぎは手で握れるしっかり者

夜はマンションの向かいにあるのに、今まで一度も行ったことなかったアンティークなCafe6へ
優しい味のえびとトマトのリゾットと元気がでるカシスシャーベットを頂戴しました
アンティーク物をいっぱい置いているお店は居心地が良く、お店の置物すべてに時間が育てた風味があるね

Café 6 @自由が丘
http://sixchome.exblog.jp/
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-02 00:00 | 【昔】小さい頃からの想い出

心はどこにあるの?

Do you know where the heart is? The heart is a bit to the left
No! It’s in the middle!

5歳、ボストンのモンテッソーリ幼稚園
休み時間に走り回りすぎて、階段ではぁはぁと息切れになっていた
先生は心臓をおさえている私に言った
「Do you know where the heart is?」
すぐに返事できなかった私の代わりに彼女は答えた
「The heart is a bit to the left」
鼓動と同じスピードで頭がフル回転し、私は必死になって言った
「No! It’s in the middle!」
右手でしっかりと自分の真ん中にある心に手をあてながら、
自分の信じていることをはっきりと言ってみた

自分を信じ、愛する人を信じる
So, love deeply and passionately. You might get hurt but it’s the only way to live life completely.

***
今日は有元葉子さんの料理本と金塚晴子さんの和菓子本を購入
心と体の喜ぶ手料理をまたおもてなししていきたいです
[PR]
# by gitanjali | 2008-08-01 00:00 | 【昔】小さい頃からの想い出